ハーブティーとは

ハーブティーとはハーブを乾燥させて煮出して飲用するものです。最近ではスーパーなどでもティバッグタイプになって販売されていてどこでも簡単に手に入るようになりとても身近な物になりました。また健康食品ブームでハーブは注目されています。美容効果では最近話題になっているデトックス効果が期待されるハーブもあるので若い女性を中心にして人気があります。

中にはハーブを栽培して育てたものを摘み取って使う方もいます。乾燥させていないハーブですがティーとして頂くこともできます。フレッシュハーブを使う場合はよく水で洗い流して水分を拭き取ります。それをティーポットに入れて熱いお湯を注いで5分ほど待つとフレッシュハーブティーが出来上あがります。フレッシュハーブの場合は色もポットの中のハーブの色も鮮やかで見た目も楽しくなります。

ハーブもたくさんの種類があり、その種類によって効能が違います。ビタミンCの爆弾と言われているローズヒップもティーとして女性に大変人気があります。美容や健康に良いと言われています。カモミールは不眠症などの神経症に効果があると言われています。香料によく使われているペパーミントは飲むと香りや清涼感があるのが特徴的です。

アレルギー症状や二日酔い、船酔いなどに効果が得られます。セント・ジョーンズ・ワートはうつ症状に効果があるという説があります。オイルでも人気が高いラベンダーもティーとして飲むことができます。効果としては緊張や不安の軽減や精神的ストレスの緩和を促します。

また偏頭痛やストレス性高血圧、消化不良、生理不順にも効果があります。タンポポもハーブティーで飲用されていて、母乳の出が良くなるというので授乳中のお母さんによく飲まれています。ハーブも種類や効果が様々ですが飲用する時は安全性も考慮して選ぶようにしてください。

医薬品と同時に摂取すると副作用を生じる恐れもあります。また成分によっても食物アレルギーを発症することもあります。もし持病をお持ちの方や体調不良で病院へ通われている方は担当医師に相談して服用してください。あと妊婦や授乳中の方服用も注意が必要なので医師へ相談するようにしてください。

PR 名古屋東女性のクリニック
http://nagoyahigashi.com/
名古屋で婦人科をお探しなら。
女医の院長と女性スタッフによる、女性専用クリニックです。
名古屋市東区豊前町3丁目19番地1

ハーブティーの効用について

ハーブティーで体内に摂取するだけでなく、ハーブの効果は昔から薬草として使われていた程ですので、かなり効果は確実にあるのではないかと思います。

例えば、頭痛や腹痛と言った病気面での効用や、うつ病やリラックス効果などの精神面での効用など、心身の症状に効果を期待できます。

また、近年言われているのが美容面に関する効用です。主に有名なのはローズヒップですが、ビタミンCの含有量がレモン20個分あって、かなり注目度の高いハーブだと思います。またミネラルや鉄分など、人間に必要な栄養分が含まれているハーブもあります。

ハーブティーには様々な効能がありますので、以下にどんな効能があるか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

・リラックス効果等、精神面で落ち着くような感じを得る事が出来ます。
・安眠の効果を得られます。また、寝起きにも効果が得られます。
・生理痛など月経に関するトラブルに効果があります。
・花粉症に効果があります。
・食用不振、消化不良などにも効果があります。
・疲労や倦怠感、それから来るむくみなどにも効果があります。
・女性なら気になる美容面にも効果があります。
・肩こり、便秘、冷え性、風邪、ニキビなどにも効果があります。
と言うように本当に万能と言う位様々な効果を期待する事が可能です。

しかし、だからと言って過剰摂取し過ぎてしまうと思わぬ危険が生じる可能性がありますので、正しく飲用するようにしましょう。